不自然な白い歯になる理由について

20〜30代の女性を中心に、ホワイトニングをする人が増えてきています。
ホワイトニングをするきっかけは、人それぞれですが、特に多いのが、結婚式や就職活動の前準備として行うケースです。
 

 

やはり第一印象をよくしたいと思ったら、笑顔になった時に見える白い歯は、欠かせないと言えるでしょう。
しかし白い歯といっても、あまりに白すぎると、不自然に見えてしまいます。

 

歯の白さの基準は、歯の明るさを示すシェードガイドを基準にするといいでしょう。
シェードガイドとは、ドイツで作られた歯の白さの指標となる16段階の色見本です。

 

例えば1番白い「W1」を選ぶと芸能人レベルの白さとなります。
人から白い歯だと気づいてもらおうと思ったら「W3〜A1」の白さを選ぶといいでしょう。
ちなみに日本人の歯の白さの平均は「A3.5」です。

 

不自然な白さになってしまう原因は、いくつかあります。
まずホワイトニング剤が強すぎるのです。

 

ホワイトニングは、ホワイトニング剤と特殊なライトを使用して、短時間で歯を白くする施術方法です。
この時に歯が白くなる効果は、個人差があるので、適度な白さを通しこして不自然な白さになってしまう可能性があります。

 

他にも自宅にてセルフケアで、歯のマニュキュアを使用する人もいるかもしれません。
歯のマニュキュアは、白い塗料で歯の表面を塗る事で、白い歯になる事が出来ます。
ですが塗りムラが出来る事で、歯が不自然に見える可能性があります。

 

このように自然な白さを目指したつもりでも、不自然に白くなってしまう事があります。
ですがこの場合は、新たにやり直す必要はないと言えるでしょう。

 

なぜかというと、ホワイトニングを行っても、日常生活の中で再び黄ばんでくるので、白さが徐々に失われてしまうからです。