白く美しい歯へ

歯科医院へ行って「歯を綺麗にしてください」と頼んでしまうと、
歯医者さんは困ってしまいます。

 

実は、歯科医院では目的によって歯を綺麗にする方法が変わってくるからです。

 

今回は、その中でも特に人気のある3つをご紹介します。

 

虫歯や歯周病などの予防を最優先したい方は、
PMTCという治療を受けてみましょう。

 

この治療方法は、歯磨きではなかなか落とすことが難しい部分の
歯垢を取り去ることから始まります。

 

歯垢とは、虫歯菌や歯周病菌などの細菌の集合体です。
歯の表面や歯周ポケットに潜んでおり、
歯の健康を阻害する根源といわれています。

 

お口の中を清潔にした後は、歯の表面を磨き着色を落とします。
最後にフッ素を塗ることで歯の再石灰化を促し、より強い歯を形成するのです。

 

保険適用外の治療なので、
日本では積極的に行われていないのが現状になります。

 

 

2つ目の治療方法は、歯のクリーニングです。
日本で保険適用されているクリーニングは、
主に歯石や歯垢除去を目的とするものです。

 

こうしたクリーニングでも歯の表面を軽く磨いてくれますが、
正直なところ効果が持続的とはいえません。
それどころか、クリーニングの過程で歯の表面を傷つけてしまうことも多いのです。

 

歯に残った傷から色素が入り込むと、その汚れはなかなか落ちません。
そうした汚れが蓄積した結果、再び歯医者さんへ行かなければいけない。
まさに本末転倒ですよね。

 

一方、保険適用外のクリーニングでは超音波や特殊な研磨剤を用いるため、
茶渋やヤニで汚れた歯から、余計な色素を完璧に抜き取ることが出来るのです。
1度試してみて、いつものクリーニングとの違いを実感しましょう。

 

ホワイトニングをお考えであれば大島のさくら歯科が高い評価を得ており、おすすめです。

関連ページ

審美歯科での治療の流れ
審美歯科での治療の流れ
口元の審美チェック
口元の審美チェック
審美歯科で歯が健康になる
審美歯科で歯が健康になる
アメリカと日本の歯の美意識の違い
アメリカと日本の歯の美意識の違い
妊娠中のマタニティ歯科で母子ともに健康
妊娠中のマタニティ歯科で母子ともに健康