審美歯科で歯が健康になる

審美歯科とは、ホワイトニングをしたり、歯並びの矯正をする事で、見た目をよくする治療だと思われがちです。
確かに「審美」という言葉は、美しさの本質を見極める事ですし、審美歯科は保険が適用されない治療です。
ですがホワイトニングをする事や歯並びを矯正する事は、虫歯を予防し歯の健康を守る事に繋がっています。

 

例えばホワイトニングとは、黄ばみや着色で白くなくなってしまった歯に対して行われる治療です。
歯に専用のホワイトニング剤を塗り、専用の光を当てる事で、歯を白くする事が出来ます。

 

ホワイトニングをする時に、口の中の細菌を除菌しながら行われるので、口腔内は清潔な状態が保たれます。
加えてFAPホワイトニング剤には、歯質を強化する効果もあります。
そのためホワイトニングをする事で、除菌されて歯が丈夫になるため、虫歯予防の効果があると言えます。

 

また歯並びを矯正する事は、歯の健康にとって非常に意味のある行為です。
なぜかというと、歯並びが悪いと歯の健康にとって、様々なリスクを伴うためです。

 

まず歯並びが悪いと、しっかり歯磨きをしているつもりでも、どうしても磨き残しが生じ細菌が発生しやすくなります。
その結果、虫歯が出来やすい口内環境になると言えるでしょう。

 

審美歯科に興味があるなら池田歯科クリニックの公式サイトへhttp://www.ikedadc.com/

 

そして、歯並びが悪いと、歯周病の進行速度も速くなってしまいます。
さらに歯周病の進行を早めるのが、歯茎が下がる事です。
歯茎が下がる原因は、加齢が大きく関与していますが、歯並びが悪いと歯茎が下がりやすいと言われています。

 

つまり歯並びが悪いと、ただでさえ歯周病の進行速度が速いのに、歯茎も下がりさらに進行を速めてしまうという訳です。
なので審美歯科とは、ただ見た目をよくしたいというだけでなく、将来の歯の健康について考えるなら治療を考えた方がいいと言えます。