妊娠中のマタニティ歯科で母子ともに健康

妊娠中は、定期的に産婦人科に通い健康状態をチェックしますが、歯医者には歯が痛くないと行かない。
そんな人は多いのではないでしょうか?
しかし「マタニティ歯科」という言葉を知っていますか?

 

妊娠中は、体内で女性ホルモンのバランスが変化します。
そのため免疫力が低下してしまい、口内環境も歯の健康にいい環境とは言えません。
免疫力が低下して、口内細菌が増加するだけでなく、つわりなどの体調不良で歯磨きが満足に出来ない事も珍しくありません。

 

そうなると、歯にプラークが付着し、通常時と比較して妊娠中は虫歯になるリスクが高まると言えます。
また妊娠後期になって、お腹が重たい状態では外出するのが大変です。
ですがかといって、虫歯の痛みを我慢していても、虫歯は自然治癒する事はなく、どんどん虫歯が進行してしまいます。
そして歯が痛いというストレスは、お腹の中の赤ちゃんの健康にとっても良い事ではありません。

 

妊婦さんも通いやすい歯の治療を提案

 

そのため妊娠中の歯の健康は、母子の身体の健康、心の健康を守るために必要不可欠だと言えます。
では、妊娠中はどのタイミングで歯科医院へ行けばいいのでしょうか?

 

まず妊娠初期は、つわりがひどく流産の危険性もあるため、控えた方が賢明です。
妊娠中期の安定期に入ってから、歯に異常を感じられなくても、一度口内環境を見てもらうために検診へ行く事をオススメします。

 

また検診の際に、歯のレントゲンを撮る可能性があります。
妊娠中にレントゲンは、控えた方がいいので、必ず歯科医に妊娠中である事を告げ、妊娠中でも安全な検診をしてもらいましょう。

関連ページ

審美歯科での治療の流れ
審美歯科での治療の流れ
白く美しい歯へ
白く美しい歯へ
口元の審美チェック
口元の審美チェック
審美歯科で歯が健康になる
審美歯科で歯が健康になる
アメリカと日本の歯の美意識の違い
アメリカと日本の歯の美意識の違い