ガミースマイルの矯正について

ガミースマイルという言葉を聞いた事がありますか?
ガミースマイルとは、歯茎の露出面積が広い事で、口元が全体的に前に出てしまっている状態の事です。
せっかく他のパーツが整っていても、口元がガミースマイルだと残念な印象を与えてしまいます。

 

なので、芸能人や若い女性を中心に、ガミースマイルの矯正を行う人が増えています。
ちなみにガミースマイルの目安となるのは、歯茎が3mm以上露出している場合です。

 

ではなぜガミースマイルになってしまうのか、その原因は3つあります。
まず筋肉が強すぎると、唇が歯茎の上まで上がってしまうので、歯茎が露出してしまいます。

 

そして骨に原因がある場合は、上顎の骨が大きすぎる場合、もしくは下顎の骨が小さすぎる場合に、歯茎が露出してしまいます。
骨のサイズが正常サイズではない理由は、遺伝の可能性と、子供の時の食生活や呼吸方法が関係し、骨が正常に成長しなかったためです。
筋肉と骨以外の原因としては、歯に原因がある場合もあります。
歯の面積が小さく、歯茎が広いために歯茎が露出して見えてしまいます。

 

ですが原因が分かったところで、ガミースマイルは予防する事も改善する事も難しいと言えます。
では歯茎の露出面積が広い状態を、どう治療すれば治す事が出来るのでしょうか?

 

実はガミースマイルの矯正では、歯の付け根部分から歯茎を焼き切り、歯を短く削ります。
そしてその上で、セラミックを被せる事で、歯肉形成を行います。
 
ガミースマイルの矯正は、保険が適用されません。

 

そのため自由診療で、期間は3ヶ月程度、費用は100万円前後かかる高額な治療です。
ですがそれでも「口元が気になって、人前で笑えない」状態が改善するのであれば、治療を受ける価値は十分にあると言えるでしょう。