セラミック治療のメリットとデメリット

審美歯科で歯を白くする方法と言えば、真っ先に思い浮かべるのは、ホワイトニングでしょう。
しかしながらホワイトニングは、その効果に個人差があり、人によっては思ったよりも白くならない事もあります。
その点セラミック治療であれば、理想通りの白い歯になる事が出来ます。

 

ゆい矯正歯科の公式サイトhttp://yui-oc.com/

 

ではセラミック治療のメリットとデメリットについて、紹介していきます。
セラミック治療とは、セラミックで作られたかぶせ物や差し歯を使用して、歯の治療や矯正を行う事です。
虫歯のかぶせ物も銀歯だと悪目立ちしてしまいますが、セラミックだと自然で自分の歯と区別がつきません。

 

また銀歯だと金属アレルギーの人は使用する事が出来ませんが、セラミックは陶器なので問題なく使用する事が出来ます。
そしてセラミックは、素材として汚れがつきにくく、変色しにくいので経年劣化が少なく、長期間使用可能です。

 

これほどメリットが多いのであれば、セラミック治療を行いたい。
そう思う人も多いでしょう。
しかしながら、セラミック治療でネックになってしまうのは、料金の高さです。

 

もし虫歯の治療で銀歯を使用する場合は、保険診療となり3割負担ですみます。
ですがセラミックの場合は、審美目的だと判断されて、保険診療にはならず、全額負担になってしまいます。
セラミックは、陶器なので原価が高く、料金相場は1本8〜18万円と非常に高額です。

 

さらにセラミック治療のデメリットは、歯の状態や歯科医の技術力によって、仕上がりに大きく差がついてしまいます。
なので、腕のいい歯科医がいる審美歯科を探す必要があると言えます。

 

あと、セラミック素材は耐久性がある一方で、天然の歯よりも丈夫なため、天然の歯に負担がかかり痛めてしまう可能性があります。
メリットとデメリットを考慮した上で、セラミック治療を受けるかどうか判断して下さい。