歯の矯正で健康な歯を抜くべき?

歯並びが悪く、歯の矯正の治療を受ける場合に、健康な歯を抜く事に抵抗を覚える人も多いでしょう。
なぜ歯の矯正で、健康な歯を抜くのかというと、歯を移動するスペースを作るためです。
そもそも歯並びが悪い原因の一つに、顎が小さく歯が一列に並ぶスペースがない事が一因として挙げられます。

 

歯が移動するスペースがない状態で、無理やり矯正を行うと、歯が後戻りするリスクが高まります。
後戻りとは、移動した歯が矯正前の状態に戻ってしまう事です。
せっかくお金と時間をかけて、歯の矯正治療を行ったのに、短期間で後戻りしてしまったら意味がありません。
そのため、後戻りのリスクを軽減するためにも、キチンと移動するスペースを空けて、歯の矯正治療を行う事が有効的な手段なのです。

 

歯の矯正治療の際に、健康な歯を抜く事で、矯正がスムーズになり、短期間で治療が完了します。
また顎のスペースに対して、歯の本数がバランスがよくなり、無理なく歯列が整えられます。
小さな顎に対して、歯の本数が多すぎて、不要な歯を抜くと考えれば、歯の抜歯は歯の健康にとってプラスのように感じるかもしれません。

 

確かに歯を抜く時には、歯の役割として抜いても支障が少ない歯が選ばれます。
しかしそれでも健康な歯を抜くというデメリットは、生じてしまいます。
抜いた部分の骨が痩せてしまい、歯列の強度が落ちてしまったり、歯全体の噛む力が落ちてしまいます。

 

また加齢に伴い、歯周病や虫歯の治療で歯を失った場合に、歯を抜いて本数を減らしてしまった事を後悔する事もあるかもしれません。ただ歯の矯正治療に関しては、歯の状態によって抜いて治療を行うか、抜かずに治療を行うのか、判断が変わってきます。
なので私達は、信用のできる歯科医を選び、歯科医の判断に任せるしかありません。

 

http://www.cosmedental.net/

関連ページ

マウスピースで歯並び改善
マウスピースで歯並び改善
ガミースマイルの矯正について
ガミースマイルの矯正について
セラミック治療のメリットとデメリット
セラミック治療のメリットとデメリット