アメリカと日本の歯の美意識の違い

日本では、ホワイトニングを行うのは、芸能人など表舞台で活躍するごく一部の人だけで一般の人が当たり前に行う施術ではありません。
対してアメリカでは、歯のキレイさが仕事の成功を決めるものという考えが根付いています。
白くてキレイな歯並びである事が、清潔で手入れが行き届いている社会的に信用出来る人と評価されます。
逆に黄ばんでいる歯のままだと、不健康で不潔で、経済的に困窮している人だと思われてしまいます。

 

つまりアメリカの方が歯の美しさが社会的ステータスを得るためには、必要不可欠なものなのです。
そもそもアメリカでは、歯の治療に保険が適用されません。
そのため虫歯や歯周病になると、自己負担で治療しなければいけません。
だからこそ、歯の健康を予防する予防歯科に力を入れている国民が多いと言えます。

 

日本でも虫歯の治療を行う場合に、銀歯だと保険が適用されて、レジンなどの白い素材を使用するとだと保険が適用されません。
そのため保険適用内で治療を行うために、銀歯で治療する人も少なくありません。
ですがこの銀歯もアメリカからすれば、銀歯で治療するなんてと驚かれてしまいます。

 

銀歯は審美的にも、キレイではありませんし、それに金属アレルギーの人に悪影響を与えます。
そのため銀歯の使用を禁止している国もあるぐらいです。

 

それぐらいアメリカでは美容診療が当たり前で、日本ではまだまだ美容診療に対して後進国だと言えるでしょう。

 

ではなぜ先進国でありながら、歯に対する美意識が日本は低いのでしょうか?
まず全体的に歯の見た目に拘る人が少ないため、気にならないという理由が挙げられます。
みんな同程度であれば、自分だけホワイトニングをしていないからといって目立つ事はありません。

 

また健康保険の制度があるために、予防ではなく、虫歯や歯周病になった後に治療すればいいと考える人が多いのです。
ですが今後はグローバル化社会がますます進み、歯の美意識も高まっていくでしょう。